2016年2月28日日曜日

どっち派?

アナベルは、男性二人による

レディースのセレクトショップ。

いい意味で主観はなく、

客観的妄想劇からセレクトされた洋服を

そのシーズンになって目の前にしながら、

スタイリングを作っていく。

自分たちが着ない分、

果てしなく自由である。

一つの洋服で可能なスタイリングの

幅を探るのは、きっとファッションの

楽しみの一つであろう。

今日は、この洋服で、

少し雰囲気の違った二つのスタイリングを

ご紹介します。






















susuri

ドロシーシャツコート ¥32,000(税抜)

ドライコーン

















わずかに赤みを感じるカーキベージュ。

11個も付いたコートにしては小さ目なボタンと、

開襟シャツのような襟のデザインが、

なるほど、シャツコートか。。

そう思わせる。






















ブラック

















長めの共布の腰ひもは、その細さや長さが

susuri のらしさを醸し出す。






















そして、このコートのもっとも大きな

特徴である後姿。






















susuri のアイコンともいえる、

必要以上に細長い襟釣り。

そして大胆な分量のギャザー。

この個性は、着方次第でいかようにもなる。


この二つのコーディネートが、

一人の女性の中に存在することが

あるのだろうか?

あってほしいな。

そう思いながらスタイリングしました。
















スカートスタイルでドライコーン。






















サマーウールのプリーツを

少しガーリーな足元で、トラッドに。


















少し控えめにゆるくヒモを結ぶ。






















後のふくらみも、控えめです。
















今シーズンもキーアイテム、

ワイドパンツにブラック。






















インナーにはGASA* のストライプを

のぞかせて。
















思い切って、キュッと縛ると、

分量感のあるギャザーは主張し始め、

大きな襟釣りはより一層の存在感を発揮する。






















少し個性的なオールブラックコーディネート。

どちらの色で、

どのようなスタイリングを作るかは、

人それぞれ。

いい意味で主観のないアナベルは、

素直にどっちもいいな、、と思いながら

スタイリングを作っている。


皆さま、どっち派ですか。



0 件のコメント:

コメントを投稿