2016年2月26日金曜日

キラキラ星


「素敵」であることをフランス語では、

「シック」と呼ぶ。

その許容範囲は、とても広く、

ややおぼろげでもある。

なんとなくモノトーンだったり。

少しマニッシュな着こなしの女性や、

シンプルですっきりした装いの女性に

多く使われている気がする。

ガーリーやフェミニンな装いは、

あまり「シック」と捉えられない傾向にある。

お店でハンガーにかかったこの洋服を見て、

多くの人がフェミニンやガーリーを思い浮かべる。






















GASA*

レース箔プリントスカート

ホワイト ¥50,000(税抜)

GASA の商品は、どれをとっても

既製服とハンドクラフトの境目を感じる。






















スカートの半分くらいのところまで

レース生地がたたきつけられている

扇のような弧を描く端の処理は、

切りっぱなし。

生々しい生地の感覚が伝わってくる。

















とても大胆で、

とても繊細で、

とてもかわいらしい。

















スカートの上のほうには、丸型にカットされた

ヒラヒラの生地が、花のようにミシンで縫い付けてある。

既製服として成立する、スレスレのデザインが楽しそう。






















お尻には、キラキラの箔プリントが。

そう、GASA* のお洋服は、

どれをとっても楽しそうだ。






















ウェストの後ろ側に共布の包みボタンが。

サイドにゴムが入り、ある程度アジャストしてくれる。
















ゴーシュのシャツにゴーシュのジャケット。

そして、GASA* のスカート。

なんとも贅沢なカジュアルスタイル。






















迫力のあるレース使い。
















白いR.U. のメダリオンシューズに合わせて。

靴を変えるとまた少し違った印象に見える。
















箔プリントがきらりと光る後姿。
















シャツやブラウス、カットソーをタックインしても素敵です。






















ポケットも付きます。

裏付き、、というよりも、

スカート本体の薄いガーゼ素材に、

それよりも厚地のレースをたたいてある仕様。

よって、上からレースがたたいていない上のほうが、

透け感がある。

でもそこには、花のようなまるい生地が。。

そんなスカートです。


GASA* の展示会に赴くと、

アトリエショップの内装のカッコ良さ、

洋服を引き立てるかのようなシンプルさのなかに、

ドキッとするディスプレー。。

そのセンスの良さには驚かされる。

その空間に、キラキラ星のような素敵な服を、

さらっと着こなすデザイナーの五十嵐さん。






















「シック」とは、その様子を表す

言葉だから、、

身に付けているものが何であろうが、

その人から感じられる様子がシックであれば、

それは、シックなのであろうと感じさせられる。


GASA* を生み出すデザイナーさんは、

とてもシックで、楽しく洋服と向き合う人なのでしょう。

その気持ちは、きっと着る人にも伝わるはず。

そう伝えたいと思って作っているのがひしひしと

伝わってくる。

キラキラ星のような洋服だ。


0 件のコメント:

コメントを投稿