2016年2月18日木曜日

ゴーシュの世界

以前、連載を書いていた、

「nid」という雑誌にゴーシュをご紹介した際、

大げさかな? と、思いながらもこんなことを書いた。


『着た瞬間に、デザイナーの世界に誘われる(いざなわれる)

洋服が、モード服の定義であるならば、

ゴーシュはモード服なのかもしれない。』


この言葉を残して3年が経つが、

やはり大げさではなかったことを

最近はひしひしと感じます。

天然素材が多く、

できるだけ日常に即した服を、

できる限りのプロダクトレベルでお届けしたい。

その思いで、2人だけでファンを大切にしながら、

細々と力強く続いている彼らの思いは、

確実に洋服に宿り、光を放つ。






















ゴーシュ

シックツイルカディ ドテラジャケット

ホワイト

「 ドテラみたいだけど、かっこいいジャケットを。」

そう思って作ったというこのジャケットは、

抜群に美しい。






















素材もゴーシュらしい、、

インドの手紡ぎ手織り(カディ)が大好きな彼らの、

カディ愛が詰まった素材。

経糸には12本取りの束を、

横糸には2番双糸のスラブ。。






















ブルー






















なんかゴワっとしそうな見た目だが、

カディだけあって、ものすごくふわっとしている。

そしてその風合いは、お洗濯のたびに

きっと、増してくることでしょう。

脇にはポケットが付きます。






















ブラック






















スミクロを濃くしたような、、

やわらかい印象のブラックです。

グレーもありましたが、完売してしまいました。。


「水曜日だけ寒くなる気がする!」、、と

誰かにぷりぷりしている妻に着てもらいます。
















真っ白のGASA* のレースのスカートに合わせて。






















GASA の手の込んだ素敵なスカートは、

素敵なレースで女性らしさを足してくれる。
















キラッと光る箔プリントと、

ゴーシュの凛としたブラックジャケットの

不思議なコントラストを楽しみたい。
















同じスタイリングをブルーでも。

靴を白にして、少し柔らかい印象で。






















普段はあまり履かないスカートに、

戸惑いながらも、、

女性であることを再確認しながら、

少しうれしそうにはにかんでいる。
















GASA* のお洋服は、ゴーシュとは少し違った

感覚で、ドキドキさせられる。

そんな力を持っている。
















ブルーは、ワンピースにもコーディネート。
















まるで藍染のようなこのブルーは、

サックスブルーとの相性が抜群にいい。
















バサッとした印象のお洋服だが、

着てみると、裾周りのおさまりがとても良く、

様々なシルエットの洋服に合わせられる。
















白は、少し大胆におしゃれを。

セットアップでコーディネート。






















すっきりとしたデザインのパンツにも、

カッコよく着ていただけます。
















天然素材でありながら、

とてもエレガントな素材。

シンプルでありながら、強烈な印象を残すデザイン。

ゴーシュの世界をお楽しみください。



0 件のコメント:

コメントを投稿