2015年12月12日土曜日

奈々さんの首飾り

彼は独学でアクセサリーを作り始め、

日々、日々、もがいていたそうだ。

アトリエというには小さな部屋の窓から、

ヘンテコな屋根の、とても素敵な建物があるのを

毎日目にしていた。

いつしか、その建物を巡り、頭の中で妄想が進む。

「あの建物で働けたらどんなに幸せだろう」

「お店がいいかな。。」

















「奈々さんの首飾り」と呼ばせていただいている、

Lin Francais d'antan(ラン・フランセ・ダンタン)の

ネックレスは、20年前の当時と同じ、そのヘンテコな

屋根の素敵な建物が見えるアトリエで制作させる。

トンカン、トンカン。。

使われる道具のほとんど全てがフランスをはじめとする

ヨーロッパで時間をかけて集めてきた古いもの。

















そして、その窓から見えるヘンテコな屋根の建物は、

今、彼の大切なお店の一つになっている。

僕が初めてd'antan を知ったのは、15年前。

お店やアトリエも見させていただき、

自身でも長い間、バングルを愛用している。

出産を終えた当時からがさつな妻に、、

d'antan ならと思って、オーダーして贈ったネックレスがこれなのだ。

修理もしてくれるし、何より、、

武骨さと、女性らしい繊細さを同時に感じるその見た目は、

彼女の日常にとてもしっくりと馴染みそうな気がした。

まさか、販売する日がくるとも思わず、、

ただただ、気に入って使ってくれた。

初めの出産から9年、ほとんど毎日のようにつけている。

現在は展示会でもラインナップされないこのネックレスは、

2年前、「あのネックレス、作れませんか?」ってお願いして

作ってもらった。




先日、久しぶりに入荷しました。

いろいろな装いになじむ、素敵なネックレスです。


Lin Francais d'antan silver + brass 

チェーンの長さ:40cm

トップの直径:2cm

「奈々さんの首飾り」 ¥13,000(税抜)


様々なスタイリングで付けていますので、

過去のブログなどご参照いただけますと幸いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿