2015年8月6日木曜日

晩夏

あまりの暑さで天を仰ぎ、、

雨乞いをしてみたり。
















決して少しおかしくなったわけではなく、、

野に咲く花々と、、

挨拶をかわしたり。
















晩夏とはそういう季節です。

少し前、「原石」でご紹介したsusuri の夏のお洋服で、

これから迎える秋を念頭に置いた、

晩夏の装いをご紹介します。






















susuri

リネンバンブーショートジャケット

ネイビー 1色展開  ¥32,000(税抜)

「コテージジャケット」という名前が付けられている。






















打ち込みのある、

しなやかで高級感のあるリネンとバンブーの

シャンブレー素材。

同素材の包み釦も素敵です。






















susuri

クリ―パーフレアスカート

ネイビー  ¥31,000(税抜)

ジャケットと同素材のスカートです。

裾の広がりを抑えるように、

裾に施された大見返しは、

高級感とともに、素材を生かした、

抜群に美しいドレープと落ち感をもたらしてくれる。






















そして、遊び心を忘れないのも

このブランドの良いところ。

ウサギの耳のように施された、

片側だけのサスペンダーベルトは、

着る楽しさをもたらしてくれる。






















susuri

コンドルブラウス  ¥22,000(税抜)

ブラック

今シーズンのテーマでもある、「よじれ」。

それを裾や肩口にデザインすることで、

存在感を絶大なものにする。






















上見頃は、スルスルのコットン素材。

下のチェック部分はコットンカディーの

ブロックチェックを2重に折り返しながら、

ひねっている。。

フワフワな生地がより一層楽しそうだ。






















肩口は、片側だけつまみ、

ドレープを表現するとともに、

コンドルという名の通り、

肩を強調する美しい仕上がりに。
















暑さで洒落心を忘れがちな真夏には、、

晩夏を意識した、ちょっと個性的な装いで気分を上げましょう。
















ソックスを履いて、革靴に足を入れる。

少し背筋がピンとする。






















素材感を生かしたふくらみのある

デザインは、忘れてはならない、

「かわいらしさ」をそっと、、感じさせてくれる。
















その上に、わざとふくらみのある、

柔らかいチェックがのぞくように、

コテージジャケットを羽織ってみる。






















それは少し、

浴衣の帯のようにも見て取れる。

そんな日本の夏を意識したスタイリング。






















インナーとのレイヤーを楽しもう。

そして、このスカートの

ウサギの耳のようなヒモの使い方は、、、






















片側にひっかけたり。
















タスキ掛けにしてみたり。
















下に垂らしてみたり。
















薄手の羽織を個性的に着てみたり。






















ブラウスとして合わせてみたり。


こんな晩夏はいかがでしょう。

暑さもピークを迎えつつあるこの頃、、

秋モノも入荷が絶えません。

少しづつ、、夏ものを交えたスタイリングの

ご紹介をしていきます。

今日は、注目のブランド「susuri」から、

夏のお洋服を用いた、晩夏スタイルの

ご紹介でした。

「晩夏」の声を聞いていただけたでしょうか。。

その声の主は、、、、

この人かもしれません。
















少し演劇的な彼らのコレクションは、

確実に着た人の気分を上げてくれる。

それはファッションの使命なのだとも感じます。












0 件のコメント:

コメントを投稿