2015年8月29日土曜日

何ウェイ?

「2WAY」、「3WAY」、

「こうも着れます。」

「リバーシブルです。」

という商品ほど、アナベルの

バイイングでは目を光らせます。

経験上、何ウェイかあっても、

気にいった着方や使い方でしか使わなかったりする。

リバーシブルなどは最もそれにあたる。

だいたい片側しか使わなくなる。

今シーズン、ゴーシュのフリル付きのスカートで、

前後ろどちらも着られるスカートがある。

ゴーシュらしく、、

まったくそこを売りにはしていないのだが、

この2WAYは、心地よく成立する。






















ゴ――シュ

ライトオックスカディフレアーフリルスカート

グレー ¥29,000(税抜)

















フワフワで心地の良いこの素材は、

秋冬のゴーシュには良く見かける、

彼らのお気に入りの素材。

矛盾するようだが、

「温かみのあるコンクリートグレー」

そんな表現がしっくりとくる。






















こちらがフリルサイド。






















ホワイト

今はもう、年間定番カラーの地位を

築いたのではないだろうか。

秋冬の白はいい差し色にもなる。

全体に明るめのカラーコーディネートが

組み立てやすい。

















秋色とのコントラストを楽しもう。






















ベージュ

ミルクティーのような、

ほのかにグレーがかったグレージュのような、

やさしいベージュ。

















シックなニュアンスカラーから、

可愛らしいシャーベットカラーまで、

幅広くコーディネートを楽しめそうです。






















ネイビー

青みをしっかりと残しながらも、

深い深い紺色は、

もっともゴーシュらしいと言える色。

















品があり、安心感がある。


ベージュとグレーで着用写真を撮りました。
















グレーはフリルを前にして。

少しフワッとした印象を出したい時や、

フワッとしたトップスと合わせてみたい時は、

フリルを前にすると、サマになりやすい。






















evam eva のふんわりブラウスが

とてもバランスよくおさまります。






















前丈が短いのもいいのでしょう。

ベージュは少し違う印象で着てもらいます。
















フリルを後ろにしてブラウスをタックイン。






















コットンシルクで光沢感のある

maison de soil のブラウスと、

素朴なタッチのスカートの素材との

マッチングがおもしろい。
















前後ろに履けるというだけでなく、

スカートそのものの印象や、

スタイリングの印象まで変えてくれるこの2WAYは、

いったい実質何ウェイなのか。。

作った本人たちは、そうすごいことだと

感じていないような素振りだったが、

無理のある、、?WAYな商品が多い中、

この、なんの違和感もなく、

自然に前後を履きたくなるスカートは、

誰にも何も言わずに、密かにフリルを前にしたり、

後ろにしたり、楽しんでみたい。

午前と午後で変えてみたり。。







0 件のコメント:

コメントを投稿