2015年8月25日火曜日

真骨頂

GASA* の展示会で、、

見たら抱きしめたくなるようなカバンに出会った。

なぜ、こんなにも可愛いのか、、

意味がわからない。






















GASA*

リネン箔プリントバッグ ¥28,000(税抜)

gold

何が優れてるかって、、

それは、見て可愛いこと。

持つと可愛くなること。

何でだろうか。






















麻にキラキラの箔プリントがしてあるからか?

それだけではないだろう。






















なんか麻の玉みたいなのが付いてるからか?

確かにこれはなんだか可愛い。






















black

なんか少しクシャってしてるからか?

ヒモが耳みたいだし。

















口のクシャっとしたギャザーも可愛らしい。

















中をのぞくと見えるこのネームが、、

このカバンに本当に良く似合う。






















内側には、小さなポケットが一つ。

それより少し大きなポケットが一つ。

合計二つ。

ポケットにチャックやボタンなどは何も付かない。

カバン本体も、ヒモで巾着のように軽く閉められるだけだ。






















ななめに掛けたり。






















肩にひっかけたり。






















腕にひっかけたり。






















手に持ったり。

なぜこんなにも可愛いのか?

良く解らない。

GASA* には、そんなものが多い。

なんだかわからないけど可愛い。

きっと徹底的に、

「だって好きなんだもん」を

貫いているに違いない。






















「箔プリントは剥げるから、どうかな?」

・・・

「だから?経年変化として可愛がってくれる人が

持てばいいじゃない。」






















「チャックとか付いてないし、、防犯的に。。」

・・・・

「このカバンにチャックとか付いてたらその時点で

可愛くないでしょ。」


きっとこのかばんが可愛いのは、

普通は考えるデメリットを無視しながら、

「だって可愛いんだもん。」を

素直に表現したからに違いない。

しかも、高いクウォリティーで。。

それが、GASA* の真骨頂なのだろう。






0 件のコメント:

コメントを投稿