2015年7月12日日曜日

言い過ぎでもない

洗濯を繰り返すうちに、

T-シャツは、右か左によじれてくる。

たまに、お店でもお客様から聞くが、

洗濯を畳んでいて、端が合わなくて、

気持ちが悪いと。。

そんな話を妻にすると、、

「え?端って何?」と、、

人生で一度も気にしたことがないようだ。

今日は、心地よく、よれないT-シャツのご紹介です。






















pyjama clothing(ピジャマクロージング)

ベルギー製

white ¥5,800(税抜)

こちらも、アナベルオープンからずっと、

お取り扱いを続けているT-シャツ。

















日本企画のベルギー生産です。

糸は、エジプトのギザコットン。

長綿で、艶があり、薄手で肌触りは抜群にいい。






















red

はっきりとした、トマトのような元気な赤。

「半袖なら色ものも着やすい」というお客様がいるが、

全くその通り。

袖があるか、ないかで、色を着た時の印象は変わる。

要するに、お洋服の面積の問題だろう。






















citrus

レモンイエローにほんの少しグリーンを

多めに入れた感じの色。。

もうすぐ始まる蝉の大合唱に負けない

元気な色。

夏のリゾート気分を盛り上げる。

















そして、なぜよれないか?

逆になぜよれるのか?

糸には、「右撚り」と「左撚り」がある。

フワフワした綿を指でよじりながら糸にしていく

ところを想像すると理解できる。

右によじって糸にしたものを「右撚り」。

逆は「左撚り」という。

通常、T-シャツに使われているのは、

右なら右で全部編まれている。

その糸たちが、、

洗濯して水を吸うと、いっせいに綿に戻ろうとする。

右に撚った糸は、左に戻ろうとする。

それが、T-シャツがよれる原因です。

だから、いいか悪いかというより、

ふつう、よれるのです。個体差はあるが。。
















このT-SHは、「右撚り」と「左撚り」の糸を

交互に使って天竺編みをすることで、

糸が綿に戻ろうとする力をうまく相殺しているのです。

だから、よれずらい。

これは、「SZ 天竺編み」と呼ばれ、

高級肌着工場などは、その設備を持っている。
















形も、収まりのいいフレンチスリーブです。






















オープンした時に買った、妻の長袖は、

あまりに着すぎて、またしても向こう側が

ハッキリ見える。いったいどれだけ着たのか?

そういえば、年中、着ていたような。
















ライトオンスのデニムペインターに合わせて、レッド。

永久に古びることのないスタイルの一つであろう。
















はじめは、ツルっとした生地に見えるのだが、

洗っていくと段々とフワッとしてくる。

ギザコットンだけあって、肌触りは間違いない。






















妻の長袖は、たしか秋冬も着ていた。

だから、余計にピラピラなのだろう。

こちらはT-シャツゆえ、着るのは夏中心。

長袖よりは出番が少ない。

3年で向こう側がはっきり見えるようなことには

ならないだろう。


皆さん、妻のことについて、

僕が大げさに言っているとお思いでしょうが、、

まったく、、言い過ぎでもないのです。


このブランドに関しては、5~6年ほど前に

初めて着た。

レディースに関しては、初めて見た時から、

この形は、デザインも素材も変わっていない。

激しく変化するファッショントレンドの中、

5年前に見たものを、「やっぱりいいな。」って

思えるものは、ずっとずっと良いと思えるものに違いない。

それも、言い過ぎではないと思う。



0 件のコメント:

コメントを投稿