2015年7月10日金曜日

天邪鬼

世の中、たくさんの洋服がある。

でも、心が動かされる洋服となると、

ギュッと少なくなる。。

デザイナーは大変だ。

よりたくさんの洋服を見てきている、

バイヤーの心をつかまなくてはいけないのだから。


5~6年前まで天然素材ばかり使っていた彼らが、

今は化繊を操ることに凝っている。

そして、その好奇心は、いつしか彼らのシンボルとなる。

NO CONTROL AIR と言えば、、

ニュアンスのあるキュプラやコットンキュプラが

すぐに連想される。

でも彼等は天然素材が嫌いなわけでも、

知らないわけでもない。

彼等らしい、天然素材のスカートです。






















NO CONTROL AIR

リネン縞柄スカート ネイビー

¥21,000(税抜)

そう、、、

彼等はたぶん、、

基本的にひねくれているのかもしれない。

もちろん、決して悪い意味ではなく。

去年の秋冬くらいから、

ストライプは展示会に良く出てきていた。

スクールストライプ、チョークストライプ、

いろいろだ。

彼らもたしか、スクールストライプを作っていた。

きっと、春はもっと増えるんだろうな、、

そう感じていたに違いない。

だから、このストライプなのだろう。






















ストライプというよりは、「縦縞」と言いたくなる。

きっとストライプがたくさん出てくるだろうと

考えた彼等の、これが答えなのだろう。

















「和」を連想させる素材には、一見アンマッチな

このヒモが、、

実に彼等らしくて好感が持てる。

なんか、、ジャージに付いていそうなヒモだ。






















トップスのネックや、

ボトムスの裾をとにかく閉じたがる彼らの

つくったスカートのスリットは、、

やはり短かった。

サイズ展開があるのだが、、

ウェストがゴムとヒモであるため、

そして、履き心地よりも、

印象でサイズを選んだほうがいいのかな?

と感じたため、妻には両方のサイズを履いてもらった。
















こちらが36サイズ。

たぶん、妻はこちらがジャストなのだろう。。
















ARTEPORVERA のバルーンシャツをふんわりと。






















ポケットが付く。

表地はリネン100%。

裏地はコットン100%。

とても品のある、夏のスカートだ。






















このスカートは、

考え方としては、FACTORY のギャザースカートと

反対だが、結果同じ現象が起きている。

あちらはダーツをとって、フレアをバルーン調に

仕上げているが、彼等はギャザーのふくらみを

途中で強制的にすぼませることで、

少し中央の布地が内に入るような、

シルエットに仕上げている。
















こちらは、38を着用している。






















タックインした時に出てくるヒモが、、

とても彼等らしく、愛らしい。
















裾回りの収まりは、極端に言うと、

タイトスカートのような印象だが、

ヒップ周りには十分なゆとりとギャザーが入る。






















大股では歩けない。。

品良く、歩行しましょう。


1年ほど前、雑誌「nid」の連載で

彼らを紹介する際にインタビューをした。

いろいろお話したが、僕が最初に聞いたのは、

「なぜ、化繊にこだわるのか?」

それに対する答えが意外だった。


「最初は何年もずっと、天然素材を使っていた。

いや、天然素材しか使っていなかった。

でも、ある時から、今まで化繊ばかり

使っていたブランドやメーカーも、

みんな天然素材を扱うようになってきて、、

じゃあ、、化繊を、、みたいな感じで始めました。」


やり始めたら、天然素材では表現できない事が

できたり、、仕上がりの表情がおもしろかったり、

何となく、自分たちらしさをそこに感じたらしい。


「だから、今でも天然素材は大好きですよ。」

そう言っていた。


つまり、、

まとめると、やっぱり天邪鬼なのだろう。

デザイナーにとって、必要な資質の一つだ。

とても大切にしてほしい。





0 件のコメント:

コメントを投稿