2015年6月8日月曜日

バタフライ、、と仲間たち

初めて見た時の衝撃は、

今も懐かしく、、頭の中に残っている。

ゴーシュはいつも、

内面的な美しさを衣服において

表現してくれる。

美しいデザインが、

夏らしい素材にのって、

舞い降ります。






















ゴーーシュ

バタフライシャツ 

white ¥21,000






















変わらない、

ゴーシュの夏の素材。。

160/- という極細の糸を

あえて、ラミーで着てほしい。

「リネンより、少しカリッとするんです。」

「洗ってもほどよくそれが残るんです。」






















grey

100/- までは見たことがあったが、

160/- というのは、3年前、ゴーシュの展示会に

訪れた時が初見だった。






















華奢で光沢のある、美しい素材感に、

白蝶貝のボタンがしっくりとくる。






















sax

色がうまく出ていないので、

コーディネート写真で見てほしい。






















透け感のあるサックスブルーは、

夏らしく、かっこいい。。






















まるで蝶のような不思議な

パターンのこのシャツは、

着ていただくとクセになるほど

着心地も素敵なのだ。
















二の腕にスッと沿うようにきれいに

収まる袖まわり。






















ブラックにサックスブルー。

少し新鮮な組み合わせ。
















腕を下ろすと、バストラインから下で、

きれいで自然なドレープが弧を描く。
















赤は完売してしまったけど、、

せっかくだからご紹介します。






















Travail Manuel の2タックキュロットに

タックイン。

着こなしの参考にしてください。






















ゴーシュのシャツのいいところは、

タックインしても、裾が持ち上がらないところ。

「万歳パターン」のいいところ。
















こちらは、susuri のご紹介で昨日も登場したスタイリング。






















同素材の丸首シャツ。

品良く。

美しく。
















涼しげです。。
















あえて、ニアな色味で合わせてみました。






















Travail Manuel の新作、

イージーホワイトデニムにグレー。
















より軽やかで、、

夏らしい。。

ラフで大人なスタイリング。
















そして最後は、長袖シャツ。

リネンのスカートにタックイン。






















ゴ――シュ × NO CONTROL AIR

親友同士の共演です。
















最後はアナベルの定番スタイル。






















ARTEPORVERA の加工チノに、

サックスブルーの長袖シャツ。
















メンズライクでクラシックなスタイルに、

R.U. の女性らしいT-ストラップが、

馴染みながら、、

そっと華を添えてくれる。


バタフライと仲間たち。。

どれもひと夏を快適に過ごせる、

涼やかで上品で、

飽きのこない、普遍的なお品です。


形によって完売したお色がございます。

申し訳ございません。



0 件のコメント:

コメントを投稿