2015年6月15日月曜日

世界を股に駆けろ

10年前からモンゴルの遊牧民の

もとを訪れ、儀式に参加し、、

上質なカシミアやキャメルを

手櫛で刈り、

南米のペルーを訪れては、

上質なオーガニックペルーコットンを

手に入れ、

インドの奥地まで訪れて、

手織りのオーガニックコットンをつくる。

ヨーロッパのベルギーで出会った、

素敵なベルギーリネンを紹介する。

常に上質な原料を求め、

世界中を飛び回る小柄ながら

丈夫そうな男は、

日本の足利で「FACTORY」という

ブランドの素材の調達を一手に担う。
















アナベルの夏のパンツで、

Travail Manuel のラップパンツと

双璧を成す、FACTORYのサルエルパンツのご紹介です。
















FACTORY が得意とする、バンブー(竹繊維)と

コットンの混紡糸を使用した、

サラサラで涼しい、バンブーコットン素材。

バンブーは、一度パルプにするため、

表記は、レーヨン(竹)となります。






















こちらは、チャコール。

スミクロにグレーを混ぜたような、

不思議でシックな色味です。






















きれいなドレープが、

涼しくも様々な着こなしを可能にします。
















身長差10cmの違いはこの通り。
















これら2種類のコーディネートは、

実は2カ月以上前に撮影したもの。

ですので、トップスのゴーシュは、

既に完売しております。

撮影して、ご紹介、、、と思っていたら、

完売してしまい、追加をかけて、

今月の上旬に再入荷。
















帽子をかぶって、「PARK」を着て公園へ。
















こちらは、イエローオーク。

ARCOPEDICO のサンダルも良く似合います。
















この上なく元気な色合わせで、

夏のリゾートスタイル。






















太陽が良く似合う。

ターキスブルー。
















もう一度ブラック。
















合わせるトップスや靴によっては、

品のあるお出かけ着にも変身します。






















サラサラで少ししっとりとした

バンブーコットンは、

FACTORY 野村さんが自身を持って

お勧めするオリジナル素材。

アナベルでは昨年に続き、

2年目のお取り扱いです。

うれしいことに、

リピーターもとても多い、

FACTORY のボトムス陣。

これからも、世界中を駆け回り、

素敵な原材料を見つけてきてくれるのでしょう。














































世界を股に駆けろ

その丈夫そうな足で



















0 件のコメント:

コメントを投稿