2015年4月23日木曜日

Honnete 姉妹伴~理想

アナベルで目指しているのは、

「かっこつけずにかっこいい」

そんなスタイルの提案。

その実現には、「素材の良さ」

というのだけは、絶対にはずせない。

デザインには好みがあるし、

色にも好みはある。

でも、素材はいいに越したことはない。

高級素材である必要はないが、

デザインにあった素材で、

縫製がある程度のレベルにあれば、

そのスタイルの提案は可能だ。

スカートやワンピースは着ないという人が

たまにいるが、、

パンツを履いたことがない人はいないだろう。

だからアナベルでは、オープン当初から、

誰にでもマネできる、パンツスタイルを

重要視してきた。

Honnete で唯一、僕自身がヘビーユーザーである

モデルがある。

2年ぶりの登場です。
















Honnete ヘンリーネック長袖ブラウス

¥19,800(税抜)

僕が着るということは、、

当然、パンツスタイルに良く似合う。






















もともとはヨーロッパのボートレースの

ユニフォームとしてデザインされたヘンリーネック。

メンズでは定番デザインだが、

レディースではあまり見かけない。

甘さがないからか。。






















しかし実にHonneteらしい。

質のいいT-シャツのように、

シンプルにパンツスタイルに良く似合う。
















合わせるパンツや、持つカバンによって、

雰囲気は微妙に変わる。






















ゴーシュのヒモリボンパンツに

華奢なかごバッグを持つと、

少し女性らしさが際立ってくる。
















ざっくりとしたしなやかなアイリッシュリネンは、

このデザインに良く似合う。
















腕の短い妻が着て、袖はこのくらい。。






















僕はザブザブ洗って、部屋でも良く着てる。
















「今日、これ着ていい?」

「あ、、ダメ、着るから。」

久しく、Honnete の展示会に現れなかったし、

今回もなかったので、、

これは、アナベル用として復刻してもらった。






















メンズライクなArteporvera のパンツとは、

抜群の相性。
















緑青は、パテントシューズと大判のストールを

使って、女性らしくコーディネート。






















どの色をどう着るかは、

着る人の自由だろう。






















こう着たら、

ちょっとしたお出かけには十分な装いだ。

ルビーパープルは、

少し個性的なカジュアルスタイルで。。
















ニヤニヤしながらやってきた。
















すこし真剣な表情を浮かべながら、、

パシャパシャと撮影。






















YARMO のエプロンワンピースの上に、

重ねてアレンジ。






















色のトーンを変えすぎなければ、

意外とすぐに取り入れられる。
















お疲れさまでーす。。

という具合に、、アナベルではワンカットに200枚程度の

写真を撮る。つまり、、

ヘンリーネックだけで5色あるので5カット、、1000枚くらい。

時間にして1時間15分。

もうひとつ形を撮影すると、休憩を挟んで3時間。

そうしなければ、今のような理想的なご紹介はできなくなる。

とにかく、「リアリティー」を追求する。

妻よ、、、

ヘン顔を少なくしてくれないか。。

理想のために。








0 件のコメント:

コメントを投稿