2015年4月6日月曜日

二つの顔を持つコート

絵画鑑賞や写真鑑賞は、

その作者の意図や人生、

背景に迫ることで、より一層

おもしろくなるらしい。。

ゴーシュの洋服は、洋服屋にとって

とても興味深い。

彼らが寝る間を惜しんでひいたパターンは、

とても意図的で、秀逸で、、、

デザインは少し天邪鬼だ。






















ゴーシュ

リネンコットンカディ コート

藍染 ¥50,000(税抜)

先月、ヒッコリー素材でご紹介した

コートと同じ形。

ステンカラーだが、襟下がりが

かなりあるため、襟は横に開かない。

とてもゴーシュらしい。

ラグランだが、3枚袖なので、

正面から見ると袖は細い。
















ドロップショルダーや、

筒袖の太めのラグランが目立つ中、、

このコートは、とてもシンプルながら、

ゴーシュにしか出せない臭いが充満する。
















前を開けても、開かない襟。

肘下を大きくカーブさせて細く仕上げた袖。

前から見てもわからないが、

大げさにゆとりを持ったカマ下。

ハンガーに掛かってると、良くあるデザインに見えるが、

着てみるととても独特な雰囲気をしっかりと持っている。
















前をしめるとまた少し違ったニュアンスが感じられる。
















彼らの色彩感覚も大好きだ。

毎回、確実に見たことのない色を提案してくれる。

こちらは、通常の染色のモノ。

ブラウン ¥37,000(税抜)

錆びた鉄が、、

もう一度輝きを取り戻したかのような、

鮮やかなブラウン。
















ブラウンに対して、「鮮やか」という言葉は

似合わないのかもしれないが、

このブラウンには、その言葉が実にしっくりとくる。
















裄丈は長めに設定してあるため、

袖をまくって着てみよう。
















ボーダーT-SH、カーディガン、コートという

レイヤーは、この時期ならではの

楽しいコーディネート。
















上腕部と背中のふくらみが、かっこいい。

色だしの難しいグリーンを、

深く、鮮やかに。。さすがです。

とても洋服に合わせやすいグリーンに仕上がっています。
















ボタンをしめて、正面から見ると、

実にスッキリとした印象だ。


トレンドを超えたところでファンを増やしてきた

ゴーシュのモノつくりの舞台裏は、、

それはそれは、ハードなものだろう。

無音の中に時を刻む音と、

カッターを走らせる音。

時折かわす二人の議論。

彼等にとって、洋服は

アイデンティティーを確立するための、

最良の手段なのだろう。

とても彼等らしい、、少し天邪鬼な、

二つの顔を持つコート。





着たいなーー。






0 件のコメント:

コメントを投稿