2015年4月30日木曜日

憧れ

妻はスカートに憧れているようだ。

毎日自転車にまたがったり、

ライオンキングごっこをさせられている妻は、

基本パンツスタイルだ。

たまに、オシャレをする時、

ワンピースにしようか、、

スカートにしようか迷っている。

ニヤニヤしながら。






















Travail Manuel

リネン巻きスカート  ¥15,000(税抜)

ホワイト

僕らにとっても彼らの作る洋服は、、

大げさにいえば、憧れだ。

よく二人で話をする。

「なんでトラヴァイユは、こんなに上手なんだろう。」






















素材は秋口まで履けそうな中肉の

綾織りのリネン。

ややざっくりと、そしてフワッとしている。






















セージグリーン

料理上手な人は、きっと冷蔵庫にあるもので、

満足のいくお料理を作るのだろう。

彼らの洋服は、まさにそんな感じ。






















ブラック

展示会にいくと大変だ。

どれも、、「あーーー。」と思う。

最終的にはスタイリングイメージから

絞り込むのだが、、大変な作業だ。

ファンが多いブランドゆえ、、

当期に入ってから商品のお問い合わせもいただく。

「うちではお取り扱いがないんです。」

と言うのが実に悔しい。
















このモデルは、意識的にギャザー分量を

減らしたようだ。

タックインを意識してのことだろう。
















コンパクトなトップスでまとめてみた。

キュッと結わいたヒモがリボンのようにのぞく。
















先日からご紹介してきたHonnete のブラウスをタックイン。






















素直に、とても女性らしいスカートだろう。






















彼らは、修正能力にも長けている。

いい商品を送り出し、数シーズン定番的に

続けてくれる。少し変化を付けたほうがいいかな?

ッて感じたら、いい風に変化を付ける。

ほとんどいじることなく、続けているデザインもある。

実は、そういうモノづくりをしてくれるブランドを

アナベルでは、とても大切にしている。

ファンになってくれたお客様を裏切らないし、

一定のセンスの中で、長く楽しめる。

同じ洋服屋として、憧れるブランドの一つだ。

たまに意表を突いたり、

いつか買おう、そう思えるものが常にある。

そんなお店になったらいいなと。








0 件のコメント:

コメントを投稿