2015年3月5日木曜日

衝動

「着た瞬間に、デザイナーの世界観に

いざなわれる服が、モード服の定義であるならば、

きっとゴーシュは、モード服なのかもしれない。」


2年前、雑誌「nid」の連載でゴーシュを

ご紹介した際に書いた一文。。

今シーズン、展示会でこのパンツを見た時、

ゴーシュというブランドの実力を再確認するとともに、

あらためて、先の一文を思い起こした。

製作過程を覗き込みたいパンツです。






















ゴーーシュ

トロピカルウール変形パンツ

ライトグレー ¥28,000(税抜)

※こちらはブラックと2色展開でしたが、

ブラックは、完売いたしました。






















通常は、夏用の紳士用スーツなどに使われる

ことが多い、ウール100%のトロピカル。

肌触りはサラサラで、夏も快適です。

裏地は、春夏用のキュプラが付いています。






















「ふくらみを出したかった。」

そう、何度も言っていた。

パンツの裾はダブルだが、端2点留めで、

プレスがほとんどあてられていない。






















後ろはフラップ付きのポケットが一つ。

そして、このパンツ、、

畳むとこうなります。






















・・・・・

・・・・・・

春の雨上がり、

花粉症に悩む妻に着てもらいます。
















今シーズン、ゴーシュの差し色は

グリーンとレッド。






















ドレープ感たっぷりの

タイトスカートを履いているかのような、、

なんとも不思議でかっこいいシルエット。
















これは、もはやカジュアル服ではない。

シンプルなコレクションの中に、たまにある、

ゴーシュのお二人のおそらくは、

衝動的なアイディアからのデザイン。

一つのアイディアを商品として出すのに、

一年以上かける場合もあるそうだ。
















決めすぎていないトロピカルは、

コットンシャツでカジュアルなスタイリングでもサマになる。






















まっすぐ立つと、足の間は完全に

見えず、、、かっこいいスカートみたい。

足を自然に広げてもらうと、、、






















このくらい広げてもまだ見えない。






















でも、、後ろから見ると、

すごくきれいなシルエットのパンツに見える。

















どの角度から見てもかっこいいのが、

このパンツの一番の特徴なのかもしれません。


シンプルに普遍性を追求した一面。

衝動的にデザインされたモードな一面。

一見、相反するようなそれぞれが織りなす、

ゴーーシュ独特の世界観をぜひ。




0 件のコメント:

コメントを投稿