2015年3月31日火曜日

大空へ

旅が大好きなアオドレスは、

きっと旅以上に人が好きなんだろう。

積極的に現地に出向き、滞在し、

一緒に働き、洋服を作る。

彼らには、フワフワで繊細かと思いきや、

実は丈夫で肌に優しく、強い、、

インドのカディーが良く似合う。






















AODRESS

コットンカディギャザータックパンツ

ライトグレー ¥28,000(税抜)






















総裏ですべて2重になっている。

少し湾曲したシルエットに

より一層の重奏感を出すために、

この総裏の仕様は一役買っている。

というより、これは総裏でなければだめだろう。






















ウェストギャザーから少し下を切り替えて、

ふくらみを抑えながらタックが入る。






















後ろは少し抜けていて可愛らしい。

こういう素材のズボンは、実はデザインが難しい。

スカートやキュロットと違って、

一歩間違えるとパジャマになる。

その点、やややりすぎかとも思える

ギャザーとタックの切り替えは、

実に軽快に難題を乗り越えている。






















トレードマークはピンクで。。






















このポケットの仕様と位置も大好きです。

目立たないように、、、

着用した時のふくらみを演出します。

ポケットはモノが入ればいいというものでもない。


フワッとした印象のパンツです。

いつも通り、その逆でスタイリングしてみます。
















no control air のカットソーをシンプルに着て。

せっかくのギャザータックは見えていた方が素敵です。
















上からゴーシュのトロピカルテーラージャケットを。






















メンズライクなR.U. のAnon に、

フワッとしたソックスを。
















AODRESS の洋服は、、

感覚的で舞台衣装のような印象をまず受けるが、

着た時にどう見せたいか?

どうしたら素材を生かせるか?

すごく考えられている。

このパンツが吊ってあるのを初めて見た時、、、






















幻想的な天使の羽根に見えた。

ゆっくりと、ゆっくりと、

自分たちの思想を貫いてほしい。





0 件のコメント:

コメントを投稿