2015年3月26日木曜日

アオドレス

アオドレスから商品が届いた時、

その送り状を見て、ハッとした。

「2015年春夏 AODRESS 作品」

備考欄にそう書かれている。

箱を開けると、とても素敵な水玉の布地に、

風呂敷包みされた作品たちが入っている。

孔雀が大胆に描かれた手作りの封筒に、

納品書が収められている。

彼等にとって、作った洋服は、

大切な作品なのだろう。。






















AODRESS BOUQUET DRESS

¥65,000(税抜)

オフホワイト 一色展開






















ウェストで切り替え、スカート部分は、

コットンカディにハンドジャカードが入った、

見たこともないような素敵な生地だ。






















透け感はあるが、しっかりと裏地は付く。

もちろん裏地もコットンカディ。

手紬、手織りです。



袖口は、耳使いしている。

「耳」とは、生地の端のこと。

彼らの洋服は、、

美術館で絵を鑑賞するように、

写真展で写真を見るように、

感じるままに受けとめて、

できるだけ楽しく着てほしい。
















一見、甘く見えるドレスだけど、

僕の解釈は全然違う。
















初めてこのドレスを見た時に感じたのは、

「ヴィンテージ感」。

既製品の雰囲気を感じさせないドレスだ。

だから僕が連想したスタイルは、

革靴、ジーンズ、ジージャン、革ジャン。

アナベルには全くないものだけど、

古着屋さんに売ってるそんなアイテムと共に着たら、

それはそれは、カッコいいだろう。
















季節なんか関係なしに、

ブーツにスウェードのライダースを合わせてもかっこいい。

まっさらでフワフワのカディーに包まれたような

胸元の刺繍は、着ている人に語りかけてきそう。。






















「主役はあなただよ」って。


AODRESS  ブーケドレス。



0 件のコメント:

コメントを投稿