2015年2月2日月曜日

余白

半年くらい前から気にいっている言葉。

「余白」

人にもモノにも空間にも、、

もちろんファッションにも余白はあるはずだ。

内装のことを考えながら、

春夏のことを考えながら、

余白について考えていた。

これは「可能性」とも言える。

可能性はどこにでも存在するが、

余白のないところには現れない。

そんなヘンテコなことを考える。

やりきった、、と思ったら新しい余白を探せばいい。

きっと新しい何かが始まるはずだ。

今回、完全に二人だけでやりきった改装は、

つらかった思い出とともに、

新しい余白となったはずだ。






















家でチクチク、チクチク。






















憧れのナポレオン。






















止めていた時計をチクタク、チクタク。






















小さな明かりをたくさん集めよう。






















目指したのは、ナチュラルさをかき消すような白使い。

















でも、可愛らしさは損なわず。。






















僕らを最も苦しめた大きな大きな壁面は、

時にはただただ、ガムシャラであることも必要だ、、

と教えてくれた。






















繊細な和紙と強靭なコンクリートの素敵なアンマッチ。

たまにはイメージ通りにいくこともある。


春の商品も増えてきた店内。

木曜日から、本格的なご紹介を始めます。

冬の残像を感じながら、、

春に余白を探します。

ふーん、、と思って一旦受け入れてみる。

そうやって余白を探します。



0 件のコメント:

コメントを投稿