2015年1月17日土曜日

しろ

白について考えてみると、

ちょっとした暇つぶしになる。

白という言葉の印象では、「清潔感」や「純白」、

といった、きれいな印象が頭に浮かぶ。

風にそよぐレースのカーテンは、

ネイビーでもなく、黄色でもなく、白がいい。

家電も「白物家電」という言葉があるくらい、

あたり前に白を選ぶ人が多い。

室内のクロスも白が多い。

なぜか?

印象を明るくする上に、どんな色やシチュエーションにも

よく馴染むからだろう。

枕カバーやシーツはどうだろう。やはり白か?

洋服はどうだろう?

Tシャツは白が最も好まれる。

シャツも同じくだ。

しかし、、パンツ、スカートになったとたん、、

色の優先順位はがらりと変わる。

僕自身にはそれがまったくないので、

本気でわからなくて、考えているとおもしろい。

妻に聞いてみる。。

汚れるからじゃない?

じゃ、Tシャツは何でいいの?

。。。。

パンツは洗濯が面倒なんじゃない?

。。。。

ふーーーん。。

謎の多い白のパンツがいくつか入荷しています。

まずは定番から。






















orslow ホワイトデニム(105STANDARD)

¥12,800(税抜)

あれ?っと思った人もいるかもしれません。

そう、、以前のものと値段が違います。

妻が実際履いているものも、

¥15,800 でした。

その生地はつくれなくなって、いったん生産中止に

なっていましたが、生地が新しくなり、

値段も準じて変わった。。ということです。






















以前ほどの厚みはないまでも、

年間通して履ける、いい素材です。

リベットの緑青(ろくしょう)も健在です。

白を取り入れた冬の装いです。
















ホワイトデニムに、シンプルにネイビーのタートル。






















タートルネックは糸衣のもの。

自身で着てみて、その良さには驚くばかり。

¥49,000(税抜)ですが、

ベビーカシミアのケーブル編みで、

このお値段に収めたのは、さすがです。
















フルレングスでかなり長いので、

ロールアップするとこんな感じ。

最初から丈上げしてもいいのではないでしょうか。

ちなみに妻は、同じ形のインディゴデニムはサイズ4を、

ホワイトは、ジャストサイズの2を履いています。
















maison de soil の白いワンピースにキャメルの

セーターを重ねます。
















同色のストールを巻いて、、、

よーく見ると、
















下にはしっかりホワイトデニム。

写真では表現が難しいのですが、

動くと、ワンピース一枚とまた少し違った良さが出ます。
















上からは、この冬一番のお気に入り、

Honnete のショールカラーカーデを羽織ります。






















明るく、春らしく、暖かく。

白のボトムスは、合わせるどんな色をも

明るく見せてくれる。。

そして、合わない色がない。

でもやっぱり敬遠する人も多い。

とても興味深い色なのです。


<おまけ>






















妻がストールに付けているベージュのなにか。。

何でしょう。。

妻の食べかけのバターロール?

ある意味正解ですが、一応違います。

















得意げに指をさしているこちらは、

帽子メーカーの「mature ha.」が作る、ブローチです。

















帽子を作り始めた時から、ずっと気になっていたそうです。

「フエルトハットの切り落とした帽子のふち、、」

「何とかならないかな。」って。

帽子を作った時に、捨てるしかなかったこの部分を

何とかしようと考え始めて辿りついたのがこれ。

プロダクトデザイナー、戸田 祐希利にデザインを全て

依頼して完成したこのブローチは、

生活道具をデザインすることで、ちょっとした日常を豊かにする、

プロダクトデザイナーらしい仕上がりだ。

パッケージをよーく見ると、小さくこう書かれている。

















mature らしいブローチです。




0 件のコメント:

コメントを投稿