2015年1月16日金曜日

春の夜の月

未だつかみどころのないブランド、、

「傳(tutaee)」。

冬物を交えながら、まだまだ靄(もや)のかかった、

春ものを、少しづつご紹介していきます。






















傳(tutaee) おぼろつき

水色

\56,000(税抜)

「おぼろつき」、、、

つかみどころのない彼らには、

ピッタリのネーミングだ。

ただ、、、ネーミングとは裏腹に、

着た瞬間に彼らの不思議な世界観に引き込まれる。

このワンピースからは、彼らの洋服屋としての

情熱が感じられる。

妻も久しぶりの撮影に、、

「あれ?どうやって立ってたっけ?」

そもそもポーズなんか取ったこともないくせに。。。






















コットンとシルクを混紡して織りあげたツイル素材。

彼らのオリジナル素材だ。

コットンとシルクの染まり具合の違いを利用して、

製品染めで、シャンブレーのような上品なムラ感を出している。

トップ染めでは出ない、まさに「おぼろつき」のような、

雰囲気のある仕上がりです。






















肩から袖付けがつながった仕様。

その肩口からあふれるギャザーに、

肩の丸みがやわらかく表現されます。






















やや高めにとったウェストからも、

あふれだすような、豪快なギャザー。

















スカート部分は前身頃がボタン仕様に

なっていることも含め、実に4枚剥ぎ。

かなりの生地分量だ。






















また、スカート部分には、同色のキュプラが

裏地として付いている。
















上品かつ、豪快なワンピース。






















前裾端はカーブを描き、

中心が少し上がっている。
















ボリューム感のあるFACTORYのキャメルのストールは、

相性抜群です。






















お店では長く見えますが、

155cmの妻が着ても、そう長くは見えません。
















このワンピース、、

後ろが8cmくらい長くなっているのです。

このヨコ姿には、比類なき独創性を感じます。
















上からTravail Manuel のコットンリネンの

ロングギャザーカシュクールカーデを羽織ります。

やはりブルーのグラデーションは美しい。






















カシュクールで合わせても素敵です。

その上から、防寒のコートを。。。






















実は以前からお店にあるこのコート。。

ご紹介するのは初めてかもしれません。

Honnete ロングメルトンコート

キャメルベージュ

¥36,000(税抜)






















裏なしの一重のメルトンコートです。

メルトンとしては、軽い方だと思います。
















前を開けて、羽織る感じで。

ダブルブレストに配置された大きな

スナップボタンが印象的です。
















切りっぱなしの袖は、軽くまくるとかっこいい。
















水色とキャメルのコントラストで、おぼろげな春を感じます。






















まだまだコートは手放せない季節。。

でも気持ちは十分に春。。

おぼろつきのような、春の服を、

ボヤーっと想像し始めながら、

今の季節を楽しみましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿