2014年11月30日日曜日

アンティーク蚤の市

いつもお世話になってるあの人が、

出会ってから初めて、冬場に帰国する。

彼女にとっても久しぶりの日本の冬。

パリは寒いから。。






















古いものから好みのモノを選びとることは、

その行為自体がおもしろい。

ただし、繰り返さないとおもしろくならない。

最初のほうに買ったものは、

「なんでこれ買ったんだろう?」

そう思うものが多い気がする。

好きになって、蚤の市やアンティークショップ、

古道具屋に通ったりすると、

はっきりしていなかった自分の好みを、

自覚するようになる。

そうなってからがおもしろい。






















最初はこんな小さな瓶一つから始まる。

自分の好みは、人に伝えるのは難しい。

「フランスものが好きなの?」

モノによりけり。

「日本の古いものが好きなの?」

モノによりけり。

アメリカだろうがドイツだろうがイギリスだろうが、

自分の感性に響いたものが好きなのだ。

いろいろ買っていいるうちに、

お気に入りの部屋を作りたくなる。

小さく移りゆく自分の気分を感じながら、

どんな部屋に暮らしたいか妄想する。


12月6日(土)~8日(月)

アナベルの一角がアンティークの小物たちで、

埋め尽くされます。

お皿やカフェボール、ティーセット、ガラスのコップやグラス、

アクセサリー、トルションやリネンのナプキン、かご。

スペースに限りがあるため、絞り込んで、パリから持参してくれます。

古いものを楽しみに、ぜひお立ち寄りください。







0 件のコメント:

コメントを投稿