2014年11月23日日曜日

寒がりなあなたへ

冬の陽だまりのソファーの上で、

膝かけをしてウトウトする。。

そんな時間を持ち合せた人は幸せだ。

若い時は思いもしなかったそんな時間が、

最近は欲しくてたまらない。

足もとを温める膝かけのように、

外に着ていくお洋服も、

意外と足もとの防寒しだいで暖かさが増す。

昨年も大好評だった、Travail Manuel の

暖かいズボンが入荷しています。






















TRAVAIL MANUEL ウールリブパンツ

グレー ¥16,000(税抜)






















ウールとナイロンの暖かく丈夫な素材。

チクチクする、、と思いきや

通常の裏地ではなく、接結という素材で、

裏側は全面コットンガーゼでフワフワだ。






















ネイビー

丈の短いものを中心に着用しそうな人には、

どちらか迷っている場合は、ネイビーをお勧めしている。






















これが裏側のガーゼ。

このズボン、昨年もたくさんの人にご好評を

いただいたのだが、まだまだ、抵抗のある人が多い様子。

できるだけ、たくさんのコーディネートをご紹介します。
















FACTORY の裾カーブセーターに合わせて、パンプスでラフに。
















股上は深めですが、膝下がスッキリしているので、

ダボダボした印象は、あまりありません。
















Nor Easterly のオフタートルにシンプルに。
















足もとはR.U. のワンストラップのブラックを。

手に取った時、少し丈が長く感じるからか、

「背が高い人じゃないと、、、」という言葉をよく耳にします。

たぶん、思い込みです。。
















妻が155cmでサイズS を着用しています。

リブ部分が25cmもあるので、長くて履けなさそうに

見えてしまうのかもしれません。

適当にクシュってしてください。
















FACTORY のキャメルのタートルをシンプルに。






















トップスネイビー、ボトムスもネイビー、

シューズはブラックのワントーンコーディネート。
















コートはHonnete のショールカラーコート、ブラック。

大人っぽく、個性的なコーディネート。
















ベーシックなNor Easterly のシェットランドセーターを。
















トップスとボトムスのコントラストが出た場合は、

色を積極的に入れたほうが、まとまって見えます。
















Travail Manuel のウールボーダーチュニックに、

dansko のサボを合わせて、可愛らしく。






















こちらはモノトーンにグリーンを差したコーディネート。

グリーンのストールは、意外なほどに使いやすい。
















上から糸衣のカシミヤガウンを羽織って暖かく。






















糸衣のガウンは、逆さまに着ると丈が短くなり、

様々な洋服と合わせやすく、暖かい。






















そして、、

このコーディネートの靴を変えます。

AUTTAA のブーツを履いて、

Travail Manuel のフードコートを着ると、、

こうなります。
















あったかくって、ご満悦です。






















dansko をAUTTAA にかえて、コートを着て、






















カバンをテハマナに。

色々なコーディネートが楽しめて、暖かい。

冬の陽だまりのような幸せを、

感じていただけるかもしれません。



0 件のコメント:

コメントを投稿