2014年11月2日日曜日

ファッションと道具

「本物って何なんですかね?」

難しくてよく解らない。。

10年ほど前から、「本質の時代」とか

「本物志向」という言葉を良く耳にするが、

そもそも本物の概念が良く解らない。

少し前、展示会である人にこう言われた。

「そのかばん、、道具みたいですね。」

すごく、うれしかったのを覚えている。

今のファッションの中に生き続ける、

誰でも知っているもの。

ジーンズ、チノパン、カーゴパンツ、

ペインターパンツ、ボタンダウンシャツ、、

トレンチコート、ダッフルコート、ピーコート。

挙げだしたらきりがないが、

みんなが名前を言えるようなアイテムは、

ほぼ全て、もともと道具としての服なのだ。

アナベルの提案するファッションには、

「道具らしさ」を感じてもらえたらいいな、、

と思ったりもする。

初めてこのかばんを見た時に感じた「道具らしさ」は、

他の人にも伝わったようだ。






















Teha'amana(テハマナ)のレザーショルダーバッグ。

MARU(マル) ¥39,000(税抜)

テハマナのアトリエを訪れた数年前の夏。

見た瞬間に惚れ込んだカバンだ。

使い始めてからじわじわと持ち主に馴染んでくる

このかばんは、そのうち道具のような存在に変わる。

現代のファッションにも良く馴染む。

斜めがけにも、ワンショルダーにもなるので、

服装に応じて持ち方を変えられる。

欠点ではないのだが、一つだけ感じていたことがあった。

「もう少し小さいのもあればいいのに」

実は1年以上前から、テハマナの西本さんにお願いしていた。

そしてようやく、実現した。






















Teha'amana ショルダーバッグ

僕らはこれを「KOMARU」(こまる)

と呼ぶことにした。

KOMARU キャメル ¥35,000(税抜)

小さいと言っても、MARUが大きいので、

十分な大きさだろう。






















気が付かない程度に入るロゴマーク。






















ダークブラウン






















この金具で長さが調整できる。

シンプルで使いやすい。






















ブラック

MARUとの大きさ比べをしてみよう。






















上がKOMARU。

下がMARU。

妻にKOMARUを持ってもらった。
















ショルダーで。
















ワンショルダーで。
















一番短くして、手で持ってもかっこいい。






















経年変化も素敵です。

下は僕が3年使っているもの。

グニャっとして馴染んでいます。

新品からは想像もつかないその姿に、

驚く人も少なくない。


デニムにT-シャツを着て、

エルメスのバーキンを持って

パリの街を歩く、ジェーン・バーキンの

姿に憧れたのは、当時の女性だけではないだろう。

彼女が持つバーキンは、まるで道具のようだ。

きっと、だからかっこいいのだろう。


テハマナのアトリエを訪れた時、

西本さんがこんなことを言っていた。

「僕のつくった何かを知らない誰かが使ってくれて、

その人のその後に、少しでも影響を与えられたら幸せです。」

そんな西本さんが作る、アナベルではおなじみのあれが、

今年もいよいよ入荷しました。

















日本ミツバチの百科蜜(垂れ密) ¥1,800(税抜)

















カバンづくりにも一役買っている、

「蜜ろう」を原料にした、ハンドクリーム。

¥1,500(税抜)

カバンとともに、ぜひ店頭でご覧ください。



0 件のコメント:

コメントを投稿