2014年10月10日金曜日

ラストゴーシュ

英国の純血種の羊で、

「チェビオット」というのがいる。

それはそれは、とぼけた顔をしているのだが、

昔ながらのブリティッシュツイードは、

この、とぼけた羊のおかげで作られている。

丈夫でしなやかで、繊維が太いので、

表面が少しカリカリっとする。






















ダークネイビー、インクブルー、グレー、バーガンディ

数色の糸が織り混ざった、本格的なツイードです。

アナベルでは4種類のご紹介です。

だいたいとぼけている妻に着てもらいます。
















まずは昨日既にwebshop でご紹介しているパンツ。






















no control air のトップスをあわせて、マニッシュに。
















ワンタックで、テーパーの効いた8分丈。

妻がはくと10分丈ですが、、、。
















そして、ゴーシュ独特の雰囲気漂う、羽織りコート。

今年はこのツイードで登場です。






















スカート、パンツ、ワンピース、

意外とスタイルは選ばない。

着た瞬間に、その特異な世界観に引きずり込まれる名作です。






















このヨコ姿に魅了されます。

和装のトッパ―のような、

ゴーシュならではの特殊なパターンメイキングを

十分に感じていただけます。
















妻曰く、、

特殊に見えて、何年着続けても着るたびに

「やっぱり素敵」だと再確認するコート。






















日本人らしい後ろ姿が大好きです。
















そして、ツイードのワンピース。

好いですね。

なかなかお目にかかれない本格的なツイードワンピース。






















もちろん着られる期間は短い。。

だからこそ、ハッとする。

日常で、ほとんど着ている人を見たことがない。

特別なおしゃれ着です。
















裏は、胴裏がコットン素材。

袖裏は滑りのいいキュプラです。






















この上から、コートを一枚羽織れば、

それでもう充分に暖かい。

贅沢な冬のワンピース。
















最後は、申し訳ありません。

こちらは、いったん完売となってしまいましたが、

明日、在庫確認をいたします。

あった時のために、せっかくですのでご紹介いたします。






















丈の短いブルゾンタイプ。

裾がカシュクール仕立てになっています。

ボタンは、裾のカシュクール部分に

内掛けボタンが一つ。

外側にもう一つ。

そして、上のネック部分に一つ。

合計3つだけのボタンでできています。
















釦を全部外してもかっこいい。






















ポケットは両サイドに2つです。
















上の釦だけ外して巻物をプラス。






















このほうが、カシュクール仕立てが

良くわかるでしょうか。






















背中が軽くふくらむヨコ姿。

かっこ良くもかわいらしい。

おとなの「可愛い」はこうあってほしい。






















後ろ姿は、羽織りコートと似たような、

独特な雰囲気を醸し出します。

在庫があることを祈ります。


パンツ ¥30,000(税抜)

羽織りコート ¥48,000(税抜)

ワンピース 45,000(税抜)

フードブルゾン ¥55,000(税抜)


この秋冬のラストゴーシュ。

次回、春のご紹介は、2月から始まります。

とてもとても、とても、楽しみです。


0 件のコメント:

コメントを投稿