2014年9月23日火曜日

澄ましたり笑ったり

妻はだいたい笑っている。

澄ましている時は、

腐ったものを間違えて食べたか、

甘いものを食べすぎて胸やけしている時だ。

そして、、

冬の重ね着がわからない時。

まだ、彼女は薄着で暮らしているようなので、

聞いてこないが、もうすぐすると始まる。

「この上って何着たらいいの?」攻撃が、、、。

最近は、撮影を繰り返しながら学習したようで、

ある程度、基本的な重ね着はできるようになった。

冬に向けて、重ね着のご提案です。






















maison de soil ハンドステッチノースリーブワンピース

ネイビー ¥33,000(税抜)

maison de soil の象徴的デザインのワンピース。

今年、さりげない変化があった。






















今までは、3層のダイヤキルトステッチだったのが、

今年から、3層のハンドステッチに変わったのだ。

ますます、「らしさ」に磨きがかかった気がする。






















裾は従来通りの耳使い。






















いつ見ても、実は美しく整ったギャザー。

ピンタックギャザーと言えば良いのか。。
















インナーにはゴーシュのフィット感のあるタートルを。

今年もたくさんご用意しましたが、そろそろ完売です。

狙っている方は、お早めにどうぞ。






















両脇にポケット付き。






















足もとはdanskoで。

通年活躍する優れモノ。

ワンピーススタイルの多い人には特にお勧めです。
















カラフルなヌキテパのストールをプラス。






















ショルダーバッグは、また後日ご紹介しますが、

Teha'amana の西本さんに、わがままを聞いてもらった、

「MARU」(マル)の少しだけ小さい番、

僕らは、「KOMARU」(コマル)と呼んでいます。
















上から、TRAVAIL MANUEL のコットンリネンデニムの

カシュクールカーデを羽織ったら完成です。






















もうそろそろ、重ね着の季節。

オーバーコートを着る前の、

12月中旬くらいまでが、秋冬の一番おもしろいところ。

それぞれそれぞれ、楽しみましょう。

笑ったり、

時には澄ましたり。



0 件のコメント:

コメントを投稿