2014年8月9日土曜日

晩夏に捧ぐドレス

暦の上では、昨日で「立秋」。

秋の始まりだ。

しかしながら、今の日本は立秋から

秋分までの1ヶ月半、そして「寒露」とは

名ばかりの体育の日あたりまでが、

とても暑い。

暦は暦で理解しつつ、

その季節に合ったものをできるだけ紹介したい。

晩夏、、どことなく哀愁を感じさせる。

文字の響きがね。。

暑いけど、夕焼けも始まるし。

夏の終わりは、何となくさびしい気がする。

こんなワンピースは、しっくりくるかもしれません。






















NEERU KUMAR(ニールクマール)

コットンシルクドレス ¥23,000(税抜)

グレイッシュブルー

あれ?

どっかで見覚えが。。

そう、「透明感」でご紹介したブラウスと同シリーズです。






















こちらがパープル。

深みと赤味の強いパープルです。
















こちらがベージュですが、完売いたしました。

立秋らしさを出すために、レギンスを着用しましたが、

同じ形のカシュクールが2枚重なった(セパレート)デザインに

なっていますので、透けません。






















上質な日常着のHonnete と比べると、

カジュアルなお出かけ着、という印象。






















上半身にはそれなりのゆとりを出しながらも、

女性らしいシルエットを醸し出す。
















ブルーはパンツスタイルで、ややカジュアルに。






















グレイッシュなトーンの鮮やかなブルーは、

大人っぽさを引き立てます。
















手持ちの大判ストールで、日よけしたり、冷房避けしたり。






















大人の女性ならではの、

細やかなお洋服の使い分け。

季節の変わり目に気分転換できる服。

そんなのも着るんだ、、と言わせる一着は、

あると、とても気分がいいものです。



0 件のコメント:

コメントを投稿