2014年8月10日日曜日

グッド・ソーイング・ベトナム

しっかりとしたテーマとか、

コンセプトみたいなものがさ、

少しユーモラスに感覚的に伝わってくるモノって、

なんか心に残ります。

これだけたくさんの洋服が存在する今、

一度見たら忘れられない服を作るのって、

難しいと思いませんか。

作る方も大変なんだろうな、、と思います。

売れるものを作るのはすごいことだと思います。

でも、売れそうなものを作るのは非常に簡単です。


デザイナーの感性を形にしていく。

買ってくれる人たちのイメージが頭をよぎりながら。

逆に、、売れなくてもいいや。。って最初から

大勢の人にそっぽを向いている服もある。

それはそれで、ブランドとしては勇気のいることだ。

でも、お店にはそういう商品があってほしいと常に思う。

今年も maison de soil(メゾンドソイル)の入荷が始まりました。






















maison de soil コットンキャンバス カシュクール ジャケット

¥24,000(税抜)

何年か前にも少量で作ったタイプのリバイバル。

秋冬の展示会で、高ーーいところに掛かっていて、

「あれ、売ってるんですか?」って聞いたら、

「売ってるんですけど、3着しか作ってないんです。」

どうしても出したかったんでしょうね。























インディゴの抜染(ばっせん)。

絞り染めみたいなのを想像してください。

しかも、ツギハギかのように自由な印象だ。






















でも、よく見るとちゃんと現代服として作ってあります。

上衿らしき部分には、地衿らしきものがあるしね。






















全身ハンドステッチみたいだけど、

当然、地縫いはミシンで丈夫に縫ってあります。






















なんかもう、、ボロみたい。






















後ろが可愛いんです。

コロっとして、ギャザーが入って。






















この飾りステッチも素敵です。

刺繍糸で、全部ハンドステッチです。






















肝心なところは、きれいにパイピング始末。


たぶん、濃色のスカートとか、サロペットとか、

ワンピースなんかに合わせると可愛いんだろうけど、

妻には、白のワンピースで合わせてもらいました。































こういう服を着る時は、

前のめりになるくらいポジティブでちょうどいい。

そして、そういう気持ちにさせてくれる。






















見えづらいですが、小野さんの

水晶のネックレスが良く似合う。






















見るほどに豪快な服。






















ちょっとかわいい後ろギャザー。

写真はありませんが、インナーにタートルとか着て、

しっかり合わせて、カシュクールジャケットとして

着ても、個性的で素敵です。


maison de soil といえば、インド。

インドでカディーを作り、ブロックプリントを施し、

インドで縫いあげる。

そこにこだわっているし、インドの手仕事を信頼している。

でも、、このジャケットは、インドで作れなかったみたい。

前に作った時も、インドで断られて、ベトナムで作ったらしい。

今回もベトナム製です。


ベトナムと言えばあの映画ですよね。

「グッド・モーニング・ベトナム」。

お盆中にでも、、

なんの紹介だ?


<ゴーシュに関するお知らせ>

ゴーシュの入荷時期について、お問い合わせを

いただいております。もうそんな時期か。。。

現在、8月納品の商品が一部入荷しておりますが、

まだ販売いたしません。8月の商品が全てそろうのが、

お盆明けの16日か17日の予定です。

揃い次第、店頭販売を開始します。

今回は、モデル不在のため、

webshopページへの掲載が間に合わないかもしれません。

大変申し訳ございませんが、ブログにて気になる商品が

ございましたら、お問い合わせください。

遠方のお客様には申し訳ございませんが、

よろしくお願いいたします。


<お盆休み>

8/13(水)~15(金)








0 件のコメント:

コメントを投稿