2014年5月13日火曜日

たかがT-SH されどT-SH

今年は、T-SHのバイイングに

とりわけ力をいれた。

これから夏に向けて、

何度かご紹介していく予定です。

T-SHのポイントは、絶対に素材だ。

そのあとに、デザインや色が付いてくる。

着心地のいい素材のT-SHは、

ついつい、何度も何度も着てしまう。

今日は、そんなT-SHの一つをご紹介します。






















orslow インディゴTee ¥6,800(税抜)

こだわったデニムを作るorslow のインディゴTee。

さわり心地は、意外にもフワフワだ。

と、同時になんか長持ちしそうなふくらみもある。






















こちらのT-SHは、デニムと同じく、

「ロープ染め」と呼ばれる、染色方法で

染められている。

糸の束をねじねじ、ねじねじして

染料につける。

それを繰り返す。

糸の芯まで染まりきらないので、

色落ちで白い部分が出てくるのです。

洗えば洗うほど、ほどよく色落ちを続け、

最終的には青い部分がなくなってくる。

女性らしくスカートスタイルに合わせても

素敵ですが、今日はマニッシュな感じで

ラフにスタイリング。































Arteporvera のクロップド加工チノに、

R.U. のスリップオン。






















mature ha.の4.5cm brim HATに、

MUUNのかごバッグで女性らしさをプラス。






















orslow のT-SHらしく、

新品の状態で既に時計回りによれている。

雰囲気がいい。






















妻はサイズ1(S)を着用している。

サイズは、1と2の展開ですが、

本日で1(S)が完売、

2(M)も1点だけになってしまったため、

WEBSHOPに掲載予定でしたが、

取りやめます。

ご興味のある方は、メールにてご連絡をください。


最も肌に近いところで着用するT-SHは、

絶対に素材のいいものがいい。

たかがT-SH、されどT-SH。。なのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿