2014年5月12日月曜日

痛いの堅いの飛んでいく






















焼きたてのパンではなく、、

鈍器でもありません。






















R.U. ヌメ革パンプス ¥38,000(税抜)

だいぶ前、、まだお店をオープンする準備を

していた頃、R.U.の展示会も見ていました。

お取り扱いは、していなかったものの、

ずっと好きだった靴の展示会で、

楽しかったのを覚えています。

そこで見かけて、、僕の頭の片隅に

ずっと残っていたこの靴。

いざ、お取扱いをスタートして、

展示会にお伺いしても、

この靴がない。

3回目位に伺った時、聞いてみました。

「たしか、、こんな感じの靴だったと思う。。」


残念ながら今はもう作っていない、、、

そう返事がきた。でも、こうも言った。

「もし、革があれば少量ですけど作れますよ。」

それでお願いしたのがこの靴です。

















無染色のヌメ革に、洗い加工を施したパンプス。

最初は8足の予定でしたが、結局6足だけの入荷です。


店頭販売の前に、妻にサンプルを履いてもらっていました。

最初の感想はこうです。

「痛い!かたい!この靴売るの??」

今までの着用写真を見てみましょう。






















Honneteのロングワンピースに。
















ゴーシュのワンピースに。
















同じくゴーシュのワンピースに。






















ゴーシュのスカートに。
















Honneteのシャツワンピースをパンツスタイルで。






















ゴーシュのパンツにワンピース&コート。
















Travail Manuel のギャザーキュロットに。
















最初は、「こんなかたい靴売るつもりか?」

「女性はこんなかたい靴履くわけない。」

いいことを一つも言わなかった妻に、

ヌメ革の靴のなんたるかをいろいろ話し、

とにかく我慢して何日か履いてくれ、、とお願した。

そして、3日~4日ほど経った頃、

「どう?」と聞いてみる。

「めちゃくちゃ履きやすい。」

「じゃ、裏張りしてくるから貸して。」

と預かって、忙しくてなかなか修理に行けなかった。

すると妻が、

「あの靴がないと困る。」

とまで言い出した。

今では、T-ストラップに並び、

かなりのお気に入りだ。

痛いのも堅いのも3~4日で飛んでいくらしい。

予想していたよりだいぶなじむのが早いようだ。






















ちなみに、妻が痛かったのはかかとのこの辺り。

2日くらいはバンドエイドを貼って、

文句を言っていた。

痛いのを我慢しても履いてみたい方、

ぜひご試着をしてみてください。

また、ヌメ革ですので経年変化のスピードが

早く、わりとすぐに濃い目に変色してきます。

長く履いていくと、おそらく茶褐色になると思います。

この色がいいのに!

という人は、やめた方がいいでしょう。

経年変化を防ぐ方法はありません。





0 件のコメント:

コメントを投稿