2014年3月21日金曜日

時代の真中を

時代というものは、

大きな大きな輪をつくり、

ゆっくりと、時にはスピードを上げて

回転しているかのようだ。

あんまり輪の外側に行くと、、

遠心力で跳ね飛ばされたりする。

若いうちから何度も跳ね飛ばされているうちに、

輪の中にいなくてもいいや。。。と思ったりする。

今、お店を始めて、輪の少し外側から、

その中心に近いところをゆっくり漂っている、

そんな商品やブランドをすくい上げられたらいいな。

そう思ってやっている。

このブランドも、そんなものの一つです。






















maison de soil ギャザーロングスカート ¥25,200(税込)

グレー

時代というものは、

時には向こうから寄りついてきたり、

時には突然そっぽを向いたりする。

でも、そんなことを気にしていては、

迫力のあるものづくりは、やっていけなくなる。

お店もそうだろう。






















80番単糸のオーガニックコットン。

あまく織りあがったローン素材は、

優しくふんわりとしている。






















こちらは、白。

極めて白度は高い。






















女性は、もしかしたら誰もがはいてみたい。。

そう思うのかもしれない。

maison de soilは決して万人受けするブランドではないだろう。

クセのあるブランドだから。

でも、そんなブランドにも時代は寄りついたり、

そっぽを向いたりする。

でもこのブランドは、いつも通り

クセのある商品を用意してくれる。

大好きなのだが、一つ問題があった。

スカートが大きすぎて、妻にははけなかった。

ボリュームが出過ぎるし、丈が長すぎた。

何度も何度もぶつぶつ言っていたら、

今シーズンは、小さいサイズをつくってくれた。
















もうすぐ穏やかな4月の風が吹く。

白いスカートにシンプルなゴーシュのグレーのニット。

R.U.の革靴にきれいな赤紫の靴下を履いてみる。
















今までは、ウェストまで上げてももっと長かったこのスカートが、

白は腰にひっかけてこの長さ。






















いつものことだが、いっそう浮かれているようにも見える。
















スニーカーにGlaconの7分袖のカットソー。

かごバッグを持って浮かれて、、いやうれしそうだ。






















グレーには、白いカーディガンに

新しく入荷したパテントのタップシューズ。

こちらはウェストではいてもらった。

3~4cmの差だが、好みやスタイリングによって

はきわけてもいいと思う。
















インナーで使っていた、R-EYESのボーダーシャツが、

主役になるのはもう少し先だろう。


スカートは裏地がコットンで付いているので、

透けません。

ただ、素材が薄いので、ボヤ―――っとした感じです。

気になる人は少ないとは思いますが、

そんな時は、merijakuu のインナーパンツがお勧めです。


時代の輪から少しはみ出して、

スタイルを作っていきたいな。。とつくづく思います。

そのためには、クセがあっても変わらない、

そんなブランドや商品が必要なのです。

時代の真中を良く見ると、

ゆっくりと、くるくる回っていたりするのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿