2014年3月17日月曜日

上げたり下げたり

洋服は、何と何を合わせるかで、

印象は変わる。

さらに、どう着るかでも印象は少し変わる。

何と合わせるかも、

どう着るかも、

自由です。

このパンツは、上げたり下げたりして、

少し印象が変わります。






















Travail Manuel ダンプシャムパンツ ¥13,650(税込)

ネイビー






















洋服業界では、「ダンプ」と呼んでいるが、

正式には「ダンプルーフ」という名前。

単糸を高密度に織り上げた平織り素材。

シャカシャカしていて、腰があって、しっかりしている。

清涼感もあるので、春夏にはちょうどいい。

ちなみに、秋冬向きだと「綾ダンプ」というのもある。






















こちらはカーキ。

ストライプとは、ポケットのつき方が違う。

フラップ付きのポケットになる。

この形はトップスをすっきりさせるのが、

基本だとは思うが、

場合によってはそうでもない。
















基本的にはこんな着こなしがスマートだ。

靴はペタっとしたタイプやヒールが良く似合う。






















ちょっと想像していただくとわかりますが、

ここに、R.U.のような革靴は似合わない。

それより、スリップオンやビーサンのほうが似合います。

そこで、撮影中、妻にこう言いました。

「ロールアップして。」

何を思ったか、、、「え?」という顔で、

上に着ていたカットソーの裾をクルクルし始めました。

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

ロールアップと言えば、ここですよ。。。
















張りのある素材なので、太くても

ロールアップして落ちてきません。

こうすることで、印象も変わり、

似合う靴の幅も広がります。
















好みはあるいと思いますが、

ゆったりした服も合わせやすくなります。






















春夏ならではの極端なロールアップ。
















違うズボンのようで、R.U.も良く似合います。
















上げたり、下げたり、楽しんでください。






















上着の裾はまくらないように。。。



0 件のコメント:

コメントを投稿