2014年1月16日木曜日

大寒

二十四節季(にじゅうしせっき)において、

最も日本が寒くなる季節、大寒。

まさに今がそこにあたる。

立春までの数週間、最も気温が下がる。

しかし、洋服業界ではどしどし春ものの入荷が始まる季節。

連日のように大雪が降る北国のお店は、どうなんだろう?

そんな素朴な疑問を展示会の時にいろいろなメーカーさんで聞いてみる。

すると、みんな同じ答えが返ってきた。

「春ものが一番最初に売れ始めるのは北国なんです。特にレディースは。」

意外でした。

どうせなかなか温かくならないから、、、なのか?

気持ちだけでも、春を向いていたいから、なのか?

もはや、ファッション好きと、実際の季節は関係ないのか?

東京でも、3月下旬の春分の日あたりまで、コートが

手放せない日が続くのです。

少しづつ、春を向いていきましょう。

今日は、ざっくりしたセーターをご紹介します。






















James Charlotte(ジェイムスシャルロット) ¥15,750(税込)

オフホワイト MADE IN U.K.






















cheviot(チェビオット)という英国羊毛を使い、

ハンドフレーム(手ヨコ機)でゆっくりと編まれるセーターは、

ざっくりしていて、温かい。

上半分が裏編みに、下半分が表編みになっている。






















こちらがブラウン。

両方とも染色していない。

羊の毛の色を生かし、そのまま使っている。

その方が原毛の良さは生かせるのだが、

弱点は、はじめのうち、チクチクすること。

何回か着用と洗濯を繰り返すと、自然に感じなくなるのだが、、

そうなるのに多少時間がかかる。

ただ、温かさは本物です。






















Travail Manuelのワンピースに重ねて。

足もと、手元は、シルク・コットンのmerijakuuの

レッグ&アームウォーマーを。






















温かくて丈夫な英国羊毛の良さが伝わるデザインです。
















Honneteのwoolの大判ショールを羽織って。

バッグは春の新作、ヨハンナ・グリクセン。
















さわやかなオフホワイトは、先日ご紹介した

orslow のフレンチワークを同系色でコーディネート。

ストールは、カシミアリネンの糸衣のもの。






















ややゆったりとしたシルエットのフレンチワークに、

良く似合います。

バッグは、再入荷したヨハンナのテトラバッグ。






















この冬の最低気温を更新した撮影当日、

妻が唯一、「あったかい」ともらしたこのセーター。

日本が最も寒くなる、大寒~立春。

ざっくりとした、チェビオットのセーターが

最も活躍する季節です。



0 件のコメント:

コメントを投稿