2014年1月12日日曜日

感じるままに

僕のコンプレックスは、足が短いこと。

今でも妻に、「クス。。。」と笑われる。

20年以上前の男性ファッション誌は、

「HOWTO(ハウツー)本」のような内容が多く、

僕もコンプレックス払拭のために参考にしていた。

「足を長く見せる」というのはその手の鉄板テーマのようなもので、

良く特集があったものだ。

内容をみると、

なになに、、、、、、

「やせ形で胴長、身長170cm程度の人」

おーーこれだこれだ。

「ややフレアーの細身のパンツにプレーントゥーのブーツ」

「トップスはタイト目に!」

なるほど―!

しかし、真似してもいろんなタイプを試しても一向にピンとこない。

母親には、「あんたはセンスがない。」といわれる始末。。。

そんなことを1年繰り返して気が付いた。

「足を長く見せる = オシャレ」ではないのだ、ということに。

自分には自分に似合うバランスやシルエット感があるのだ。


春夏も感じるままに、バイイングしてきました。






















orslow フレンチワーク ¥15,540(税込)

生成(綿カス残し)






















腰のあるしなやかなオリジナル素材。

すとーんと真っすぐ落ちるストレートシルエット。

ややルーズ目に履くとかっこいい。

アナベルでは今回で3シーズン目のお取り扱いです。

何度でもたくさんの人にお勧めしたいパンツです。






















履き倒した時の色落ち感がかっこいい、ブルー。






















ルーズ目のデニムでしっくりくるものがない方にもお勧めです。






















ウェストには本物のフレンチワークと同じく、

後ろ部分だけゴムが入る。


そして今シーズン、、感じるままにセレクトしていて、

あからさまに増えてしまったのが、ストライプ。

しかも太めのストライプ。

まずは一つ目のストライプ。






















HAVERSACK ストライプ変形B.D.シャツ ¥15,750(税込)

洗いざらしで、カジュアルに着てほしい。

太めのストライプがトレンドなのかどうかはわからないが、

アナベルでは今シーズンやたらと多い。

白いパンツや色落ちデニムにサラッと一枚で。

スカートやキュロットには、タックインがいいかもしれません。

ストライプという定番柄も、太いだけで新鮮です。


今シーズンも、感じるままに。




0 件のコメント:

コメントを投稿