2013年11月19日火曜日

シェットランドセーター

「シェットランド」。

冬になると良く耳にする言葉です。

イギリス本島、スコットランドからさらに北の地に、

「シェットランド諸島」があります。

洋服で「シェットランド」といえば、シェットランド島で

育った羊の毛を使ったセーターを意味します。

毛にはいろいろな種類が世界中に存在しますが、

僕が若いころから、最もなじみ深い毛の一つです。

高校生の頃、原宿のインターナショナルギャラリーBEAMSに

足しげく通い、イギリスのトラディショナルなブランドや商品のことを、

いろいろ教えていただいたのを覚えています。

今は、時代の流れとともに、雰囲気も変わっていますが、

僕が初めてシェットランドのセーターを買ったのも、

バラクータを買ったのも、今はなき、フライングスコットマンの

ブルゾンを買ったのもそこでした。

シェットランドのセーターを見ると、その当時のことを思い出します。

今日ご紹介するのは、スコットランドのニットメーカーの中でも、

老舗に位置付ける名門です。






















JOHN TULLOCH(ジョンタロック) フェアアイル柄カーディガン

ヘビーブラッシュ ¥22,050(税込)

シェットランド諸島で創業し、100年以上の歴史を持つ。

現在はスコットランドに拠点を移している。






















明るめのグレーを基調にし、多色使いがかわいらしい。

時代とともに、機械編みも手編みも激減している

スコットランドのニット。。。

僕は大好きなので、アナベルではできる限り提案し続けようと思う。

先日ご紹介して完売した、「Nor Easterly」もHARLEYという、

スコットランドに残る老舗ニットメーカーが手掛けているブランドだ。

反響があったことは、とてもうれしかった。






















黄色みの強いベージュを基調に、

温かみのある暖色が並ぶ。






















あざみの葉を使って一着づつブラッシングした

このセーターは、心も体も温まる1着です。
















Travail Mnauelのギャザーキュロットの上に。

インナーにはMannaのラウンドカラーシャツを着ています。






















ブラッシングで印象をやわらかくしています。






















目付のわりに、モコモコした印象はなく、

腕回りなどもすっきりしています。
















かなり暖かいので、年内はよほど寒い日でなければ、

綿のコートでも十分ではないでしょうか。


女性でこういうセーターを着ている人のほとんどが

同業者だったりします。

洋服業界以外の人にも、ぜひ着ていただきたい。

今年はもう少し、シェットランドのご紹介をいたします。




0 件のコメント:

コメントを投稿