2013年10月5日土曜日

原点回帰

今秋、ゴーシュさんの展示会にて。。。

細長い白壁の空間の両脇に、入荷時期の順番で

商品がきれいに並んでいる。

僕はある商品の前でピタッと止まって、生地を何度も

触って、そして、いろいろ考える。

「なんだこの生地、、、。」

「モッサか?軍モノの1kgメルトンか?」

あまり触れたことのない感触だ。そして、重い。

「カリッとしていて重さがあるから、、、、

ナイロンが少し入った高密度メルトンかな?」

そう思って、品質を確認すると、「WOOL 100%」とある。

いよいよわからなくなって、泉さんに質問する。

「これ何ですか?」

目を輝かせながら、、、

「モッサでもメルトンでもないんですよ。カットパイルなんです。」

カットパイル? 洋服用で?

驚きを通り越して、感動したのを覚えている。

昨日、いよいよ入荷しました。






















ゴーーシュ カットパイルフードパーカ ¥54,600(税込)

型は、3月に「ん?」でご紹介した、あのすごいパーカーです。


泉さんの話はまだ続く。

中学時代、先輩にもらったコートがあると言う。

計算すると30年ちょっと前の話だ。

なんとそのコートを今も着ているらしい。

この生地は、その思い入れのあるコートを機屋(はたや)に持ちこんで、

「再現して欲しい。」

と頼んだという。

が、、、、しかし。いつもと反応が違う。

ちょっと困っている。

「これね、、、、。作れる人いるかな?いないかもしれないよ。」

そう言われると泉さんは余計作りたくなる。

とりあえずコートを預けて返事待ち。

時が経ち、返事が来た。

「いたよ、作れる人。一人だけ。」

なんと衣料用のカットパイルを作れる人は

現在、日本に一人しかいないらしい。






















色は、黒に見えるが、タテ糸がロイヤルブルー、

ヨコ糸がブラックの綾織物。

よって、全体的にはダークネイビーに見える。

凄まじい加工を3回繰り返すことで出来上がるのだが、

とてもそうは見えないほどに、きれいに目が立っている。

レディースのお洋服とは思えないほどのハードな素材だが、

十二分に、「らしさ」を貫いた、最高の仕上がりだ。

















パンツスタイルにはもちろん。

スカートやワンピースにも合わせやすく、

生地の豪快さとは裏腹に、すっきりした印象。


今シーズンのゴーシュさん、

8月のインド手紬から始まり、9月のツイード天竺、

そしてカットパイル、さらにこれからご紹介していく、

高級素材てんこ盛りのハンドフレーム(手ヨコ)のニット。

いつもながらに、トラディショナルな素材作り。

ワンピースはワンピースらしく着てほしい、

その思いからワンピースは全てプルオーバースタイルに。

従来、パンツ中心のメンズライクなスタイルが好きなお二人らしく、

一つを除いて、極端にもボトムスは全てパンツだった今シーズン。

お二人の原点回帰を感じずにはいられない。





0 件のコメント:

コメントを投稿