2013年9月22日日曜日

孤立無援の花ばかり

アナベルでお取り扱いしているブランドで、

たまーに、「こういうのもあるんですね?」とか

「ちょっと毛色が違いますね?」とか

言われながらも、少しづつ、少しづつ、

お取り扱いを増やしているブランドがある。

「Manna」(マンナ)というブランド。






















世の中に、トラッド風なものは多かれど、

本当に丁寧にトラディショナルなモノづくりと

向き合うブランドは、かなり少ない。

見た目はすぐに真似ができるし、多少

簡易的に作っても気にしない人が多い、、

ということでしょう。

マンナさんから、ウールのニットジャケットと

コートが入荷しています。






















特徴的なボタンとポケット。

ライトブルー ¥39,900(税込)






















定番のネイビー。



台襟の代わりに総針のテープが入ります。

前見頃や襟など、落ち着きの欲しいところにも

総針のバインディングが施されます。

















背面ウェストあたりに、ニットテープのベルトが付きます。


そしてもう一つ。

見る機会も少なくなってきた、ミラノリブのニットコート。

数年前にトレンドにもなりましたが、マンナさんは、以前から

そして今も、ずっと定番で作り続けています。






















ちょうどお尻が隠れる着丈。

ミラノリブニットコート ¥45,150(税込)

NAVY

特徴は、ニットのわりには伸びない。

よって、型崩れしない。

厚手で重さはあるが、風などは通しづらい。

インナーを薄着で過ごしたい方に向いている。

こういうずっと着ていきたいトラディショナルなものは

ちゃんとしたものを選びたい。

















ドッグイヤーのような、飽きのこない襟型。

ちゃんと別素材で地襟も入る。






















袖口はダブルに。

腕を下におろした時のバランスが素敵です。






















ちゃんと別布で見返しが付きます。手纏りです。






















カーブはちゃんと額縁仕様で切り替えています。

丁寧です。こういうお洋服がトラッドです。


アナベルの他のブランドと比べると、

なんだか少し控えめで、孤立無援の花のような・・・

そんなマンナさんのお洋服。

こだわりがあるという面において、他のブランドと同じです。


ミラノといえば、ミラノ風カツレツだと思っている妻に、

ミラノリブを教えたうえで、近々着てもらいたいと思います。

機会がございましたら、またブログでご紹介いたします。


また、マンナさんの商品は通信販売サイトへの掲載が

禁止されております。気になる方は、メール等でお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。



0 件のコメント:

コメントを投稿