2013年4月19日金曜日

なんかかわった服

このブランドを初めて目にして購入したのは

10年前の雨の日。

場所は原宿の裏手。

なんで雨の日の原宿を歩いていたのかは

全く覚えていないが、雨なのにわざわざ

立ち止まって、細い階段を2階に上がったのは

2Fの窓からちらちらのぞく洋服がどうにも気になったから。


デザイナーは男性。

スタッフもほぼ男性。

作るお洋服の9割がメンズ。

その1割のレディースを扱うかどうか、、

かなり悩んでスタートしたブランド。






















「HAVERSACK」(ハバーサック)

カットワークブラウス ¥23,100(税込)

とにかくディテールにこだわる。

男性デザイナーらしい。






































きれいなカットワーク。






















色違い。






















台座付きの貝ボタンでクラシカル。






















裾のひもを締めるとまた違う表情が生まれる。


実は、何度も展示会に足を運んでいる。

そのたびに、驚かされる。

こんなに普通のものが少ないブランドも珍しい。

逆に、他のレディスブランドでは見ないものだらけなのだ。

かわったものが多いブランドゆえ、

ゆっくりと少しづつのご紹介になると思います。

ちょっと意識して見てみてください。

なんかかわった服ばかりです。




0 件のコメント:

コメントを投稿