2013年2月18日月曜日

穴があいても

自分が持っている洋服のなかでも

穴があいても補修したりして着続けている

ものがたまにある。

逆に穴があいたから捨ててしまったお洋服もある。

その差が何なのかは感覚的なことだったりする

ので自分でもよくわからない。

買った時の値段でもないし、好きな度合いでもない。

なんだかよくわからない。

このコートは穴があいても着続けそうな気がする。






















Travail Manuel スプリングコート ¥27,300(税込)






















素材は細番手のバーバリィを使用。

いい感じにくったりしている。

ボタンは天然の黒蝶貝。

天然の貝ボタンは光の角度でいろいろな表情を見せてくれる。

















力(ちから)ボタンには同じく黒蝶貝。

胴裏には綿スレキを。






















袖裏にはストライプで滑りのいい素材を使っている。

ちょっとメンズライクなスタイリングが目に浮かぶ。

腕まくりが様になる、軽くてしなやかなスプリングコート。






















穴があいて、補修して、補修の跡が

目についてもかっこよく見えるコートに感じませんか?

サイズは男性でも着られるようなゆったりとした感じです。



0 件のコメント:

コメントを投稿