2012年3月20日火曜日

気がつくとそこにあるもの

orslow(オアスロウ)というブランドがある。

目まぐるしく変化するファッション界の中で

ゆっくりと進みながら

自分らしさを見つけてゆく・・・。

まずコンセプトに共感する。

そしてモノをみて納得できる。

ワーク、ミリタリーを細部まで研究し尽くし、

完成度の高い、飽きの来ないいい商品だ。

お店では、メンズのデニム、カーゴ、

レディースも数種類のパンツやスカートを

扱っている。
























ARMYスカート。

ちょうどひざが隠れる長さだ。

カラーは2色。



















ベージュとアーミーグリーン。

ウェストについたタブで多少アジャストできる。

腰に乗せる感じで履いていただくとかわいらしい。

スタイリングは、シンプルに

























インナーにT-SH。

先日ご紹介したフードパーカを羽織る。

T-SHはTravil Manuel(トラヴァイユマニュアル)で3色展開。

























サークルネックといわれるちょっと変わったデザインだ。

肩のところに通常あるハギがない。

「着る」というより「かぶる」という印象の

何ともかわいらしいデザイン。

T-SH ¥6,800(税抜き)

ARMYスカート ¥12,800(税抜き)

足元は、ayameのソックスに

danskoのサボ。

























飽きの来ない定番スタイルではないでしょうか。

dansko アンティークblack、Dk。Brown ¥20,000(税抜き)
      スタイリスト岡尾 美代子さん別注カラー(Brown)¥22,800(税抜き)

もともと医療系で働く人たちの間で広まったこのサボは

履き心地も抜群です。

0 件のコメント:

コメントを投稿